一人熱帯夜

昨日は雷が鳴るなどの大雨が降りましたが、みなさん大丈夫でしたか?

夜は雨のおかげで少しは寝やすく・・・と思っていたところ大変な目に合いました。

昨夜は子どものように早い時間から眠気があり、どうにも起きていられなかったので、先に就寝したところ、深夜に帰宅した暑がりの主人が、寝室のエアコンにスイッチを入れました。私は寒がりなのでエアコンは殆ど要らないのですが、主人は暑がりなのですぐにエアコンを入れます。そして普段なら主人がエアコンを入れたことも知らないまま朝を迎えるのですが、昨夜は違いました!

夜中になってから寝苦しさで目が覚めました。暗がりの中リモコンを探して、チラッと目を開けて風量変更。・・・数分後、なぜか寝苦しさは倍になり寝汗までかきました!それでもまだ寝続けようとする私。再びチラッと目を開けて、今度は温度変更。目を閉じて、静かな寝室にエアコンの風の音が聞こえてくるはずと思いましたが、待ってもエアコンの風の音がしません。「もしかして、壊れた!?」と焦った私は、ここでようやく起きて廊下へ。エアコンを入れている部屋より廊下の方が涼しいことに驚きました!!!

リビングへ行くと「どうしたの?」と不思議そうな主人。「エアコンが壊れたかも」と返事をして状況を話すと「冷房と暖房を間違えてるだけじゃない?」といわれました。以前リビングのエアコンが突然壊れたときに、冷房の指示をしているにも関わらず風が冷風から温風になったのです。それだと思い込んでいる私。寝ぼけていることもあって、「絶対に壊れているもん」と子どものような返事をして寝室へ。リモコンを見たら冷房だと思っていたリモコンの指示が、主人の予想通り暖房になっていました。・・・・トホホ。

主人に誤り、寝ぼけていた自分もすっかり目が覚め、寝汗をかいていたこともあり再び入浴し、今度はきちんと冷房になった寝室で眠りました。

眠気に負けて無精をすると、結果、眠気が覚めることになる・・・と学んだ昨夜でした。

関連記事

  1. 報告1

  2. ★メリークリスマス★

  3. 洗濯機が・・・

  4. エアコン

  5. 連休

  6. 施術してわかったこと ③