振り回される

ゴールデンウィークの話を書くつもりが、すでに1ケ月も前の話となってしまった為、先日の話を書きたいと思います。

それは末っ子さんの「足が痛い」で起こされた朝でした。

「どのあたりが、どんな風に、いつから痛い」のかと詳細を聞いてはみたものの、見た目に腫れている様子もない足。骨か筋肉を傷めてしまったかもと思い、朝食も食べずに着替えだけを済ませ、慌てて子どもと一緒に整形外科へ行きました。

レントゲンを撮ってもらって、いざ診察室へ!先生からの説明は「骨にも筋肉にも異常なし」とのことでした。素人の私にはわからなかったのですが、どうやら少し腫れていた様で、皮膚科を受診するように勧められました。

そこから、かかりつけ医の皮膚科へ行き、受付を済ませたところ、なんと!待ち人数が20人を超えていたのです。朝食も食べていない私たち。座るところもないほど、待ち合い室が混み合っている皮膚科。呼び出している番号を、表示させているテレビ画面が、壊れているのでは?と思う程、番号は動かないまま、30分、1時間と過ぎ去っていき、気がつけば到着してから2時間が経ちました。

やっと順番がきて診察室へ。ここでも驚きの結果が!!それは先生が診断を出来ずに困るほど、腫れがひどくないことでした。とりあえず抗生物質を処方してもらい、私はそのまま闊歩の仕事へ行きました。朝食も昼食も食べられずに、朝慌てて出発したままの姿で仕事をこなし、へとへとになりながらも帰宅して、見かけた末っ子さんの衝撃の姿!それは普通に歩いていたのです。驚きながらも、「足は痛くないの?」と聞いたところ、「痛みは全く無い」とのこと。痛みが無くなったのはいいことですが、母は振り回されっぱなしの1日となりました。

末っ子さーん!!!と心の中で叫んだのでした、トホホ。

関連記事

  1. びっくり、そして恥ずかしい。

  2. ゴールデンウィーク①

  3. 今年だけ

  4. 実はこれ・・・

  5. 患者様の作品

  6. 嬉しい再会 パート2