限界にチャレンジして学んだこと

《お知らせ》

整骨院 闊歩は、明日(11日)・明後日(12日)の2日間を休診します。

13日(土)は通常通りですが、日曜日は定休日になります。

翌週からは通常通りになります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程、よろしくお願いします。

さて、皆さん一度は「○○をたくさん食べてみたい!」と思った事はありませんか?私はその「○○をたくさん食べてみたい」にチャレンジしたことがあります。それはプリンとハンバーガーです。

子どもの頃は市販のプリンではなく、家でプリンの素を購入した母が作ってくれていました。でもすぐに食べ終わってしまうことに、「もっといっぱい食べれたなら」と思っていた私は、ある日プリンの素を買って来て、丼の入れ物にプリンを作ったことがあります。

次にハンバーガーをたまに食べることがあったのですが、子どもの私はいつも決まって同じハンバーガーだったこともあり、「全種類食べてみたい」と思っていた私は、誕生日にお願いして、全種類のハンバーガーを買って来てもらいました。

どちらも夢のような時間と思っていたのですが、プリンは丼の1/3ほどで、甘さに飽きてしまい最後まで食べきれないまま、ハンバーガーも食べれて3つまで、4つ目以降は食べるのも、見るのも嫌になってしまいました。そこで学んだことは、「食べ物は、もう少し食べたいくらいが、一番美味しい」ということでした。

子どもの頃に学んだはずの私ですが、20歳を過ぎた頃に再びチャレンジしてしまいました。その話は次のブログに続きます。

関連記事

  1. 結婚記念日

  2. ザリガニの日

  3. 春のニューフェイス!?

  4. 秋の空とセミの声

  5. 最初で最後

  6. どちらが子ども?